その使い方危険かも!制汗剤が脇の黒ずみの原因になる

暑さもだんだん本格的になり、それに伴って悩みの種になるのが脇の汗やニオイ。現在では種類豊富な制汗剤も販売されています。しかし汗やニオイが気になるからと、過度な制汗剤の使用は脇の黒ずみの原因のひとつになってしまうことはご存知でしょうか。脇は汗腺が多く、古い角質が溜まりやすい、非常にデリケートな箇所。

また、黒ずみの元になるメラニンも溜まりやすい箇所なのです。そんなデリケートな部分に、頻繁に何度も制汗剤を塗ると、色素沈着のリスクが高まってしまうのです。特にスプレータイプの制汗剤は汗腺に粉でフタをする方法をとっています。汗は一時的に抑えられても、毛穴を詰まらせて古い角質も余計に溜まってしまうのです。

毛穴が詰まってしまえば、肌の再生のサイクルであるターンオーバーが正常に機能しなくなります。これではますます脇の黒ずみの悪循環になってしまいますね。

ニオイや汗が気になる場合、制汗剤を酷使するのではなく、除菌シートで脇をこまめに拭きとると、汚れも溜まりにくくなります。また、消臭の脇汗パッドのついたインナーも、現在はたくさん販売されています。いつでも自信を持って薄着になれるよう、制汗剤の使用の仕方をもう一度見直し、脇の黒ずみ対策をしませんか。