離婚後、子供の親権は?

離婚後、よく問題になるのが子供の親権です。親権というのは、未成年である子供の生活全般を管理する親の責任で、子供のために設けられた制度です。離婚後の子供の親権については、子供にとってどうすることが一番良いのかというのを前提に、親権者を決定します。そもそも子供の親権は、夫婦揃って共同で持つことになりますが、離婚するとなるとそうはいきません。なぜなら、日本では、離婚する場合、子の親権を夫婦のどちらか一方に決めなければならないからです。離婚届には親権者の記載欄があるので、未成年の子供を持つ既婚者の場合、離婚後の子供の親権は避けて通ることのできない問題なのです。離婚した場合、子供の親権は夫婦のどちらか一方が持つことになりますが、親権には、身上監護権と財産管理権があります。離婚の際、これらを別々に切りはなして決めることもできるのですが、特に定めがない場合は、どちらか一方が両方の親権を持つことになります。離婚後、親権者問題で折り合いがつかず、調停や裁判に持ち込まれることはよくありますが、親権は子供のために設けられたものなので、一度親権を持った相手が譲らないと抵抗すれば、子供の養育環境に問題がない限りは親権変更はかなり難しいです。
浮気調査 大分